釣り人直伝レシピ!|魚(ブリ・スズキ)のフリット

さてさて、最初のレシピがまさかのフリット!笑

奥様が大変お気に入っていただいたのでご紹介します!

ちなみに・・・
女性=揚げ物が苦手です(偏見すみませんw)
なにせ油が跳ねたりで危ない!
キッチンが油で汚れやすいし片付けも面倒^^;

ということで自宅で揚げたての”フリット”を作ってあげましょう!喜ばれること請け合いです(多分)

というか、フリットって何?という方へ

フリットとは

イタリア語で”揚げる”の意
よく聞くフライ=エビフライをみてわかるように衣にパン粉を使うものをイメージしてもらえればと。

それに対して
フリット=衣に小麦粉を使います。天ぷらに近いのですが衣のきめ細かさや外カリ中ふわ食感がまた違う味わいです!
フリットは正式には小麦粉・卵黄・油・牛乳・塩、そしてメレンゲ(卵白をホイップ状に泡だてたあれ)の入った衣をつけて揚げたものを指しますが、
メレンゲ作るのは野郎にはハードルが高いので、最近流行りのビールを使った方法で今回は作ってみます!

<材料>

  • 魚の切り身(スズキ・ブリなどなんでも良い)・・・適当なサイズに切って8切れくらい?
  • 小麦粉・・・大さじ3
  • 片栗粉・・・大さじ2
  • 塩・・・ひとつまみ
    ※クレイジーソルト使うと味変で良い
  • 発泡酒・・・大さじ4〜5くらい
  • サラダ油・・・適量(揚げ焼きでもいいし、鍋底から1-2cmくらいの軽く浸かる程度でOK)

<作り方>

①まずは魚の柵を適当な大きさに切り分ける

(魚のサイズに合わせて、コロッケサイズくらい?)
今回は持て余したブリの尻尾側を使いました^^
 高温で揚げるので、少し日が経って熟成通り越して臭みが出てきた代物でも臭みが飛んで美味しくいただけますw

②衣を作る、というか混ぜるだけ!

小麦粉大3、片栗粉大2、ビール大4くらい(もったりした感じの衣になればOK)
混ぜたら塩を小さじ1/4くらい入れる

お好みによって塩の代わりに or 作ってる途中からクレイジーソルトやコショウを入れると2つの味が楽しめてGoodです!

クレイジーソルトVer.

③後はきつね色くらいになるまで両面揚げたら完成!

※すみません、揚げるのに集中してたら撮り忘れましたw
 ついでに、大葉やキノコなどせっかく揚げ物するのだから野菜なども添えるとさらに喜ばれること請け合いです^^

ということで、出来上がり!

真面目に出来立てはアツアツフワッフワで超ウマです!!

ビール泥棒間違いなし!笑

・・・お気づきいただけただろうか・・・

なぜか完成図はスズキのフリットに代わり身の術w


(出来立てすぐに食べたくて、ビールと一緒に楽しく食べ終わってから、・・・あ^^;ってなりましたw)

スズキもブリも外カリ中フワッフワで美味しいですよ^^

粉混ぜて揚げるだけで簡単ですのでぜひお試しあれ〜

食後の後片付けまですると、また釣りに行かせてくれやすくなるのでオススメw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA